大豆油インキとは、印刷用インキに含まれる油の一部を、植物性大豆油に替えたものです。従来のオフセットインキに含まれている石油系溶剤は地下資源で、印刷中に蒸発し、光化学スモッグやシックハウスの原因となる揮発性有機化合物を含んでいます。
大豆油インキは、石油系より自然に還元する比率が高く、原料は毎年収穫ができるのでストックが可能。紙の繊維を損傷しにくくリサイクルしやすい、また発色も良いので鮮やかさを長く保つことができる、といった利点から、最近は大豆油インキを使った印刷物が急激に増え、弊社でも使用を推奨しています。

米国大豆協会(American Soybeen Assciation)の大豆油インキの認定基準をクリアした印刷インキ(ソイオイル・ソイインキ)で印刷された製品・印刷物につけられるマークです。